App Clip SDKの実装

ディベロッパーは、発火URL(App Clipを発火するQRコード、NFCタグなど)ユーザーを正しいアクティビティに導きます。

始める前に:マーケターと協力して、既にユニバーサルリンクをもつOneLinkテンプレートを作成し、完全なアプリのユーザーをリダイレクトするためのOneLinkカスタムリンクが設定されていることを確認してください。テンプレートとカスタムリンクが設定されている場合、AppsFlyerはAASAファイルをホストおよび編集して、自動でApp Clipをサポートします。:AASAファイルが更新されるまで数時間かかることがあります。

SDKをApp Clipに追加してユーザーをルーティングする方法

  1. App ClipにSDkを追加してください。
  2. SDKの実装
  3. [任意] scene delegateのサポートを追加してください。
  4. アプリクリップの Information Property List (info.plist ファイル) にて、以下の表に示すとおり、次の行をキーと値と共に追加してください。

Key

タイプ

value

AppsFlyerAppClip

Boolean

1

  1. 以下のコードを sceneDelegate に追加してください:
func scene(_ scene: UIScene, continue userActivity: NSUserActivity) {
        
    // Must for AppsFlyer attrib
    AppsFlyerLib.shared().continue(userActivity, restorationHandler: nil)
}
    
func scene(_ scene: UIScene, willConnectTo session: UISceneSession, options connectionOptions: UIScene.ConnectionOptions) {
        
    guard let _ = (scene as? UIWindowScene) else { return }
        
    if let userActivity = connectionOptions.userActivities.first {
       self.scene(scene, continue: userActivity)
    }
    return
}

⇲ Github リンク:Swift

  1. [任意] App Clipからフルアプリへの計測を設定してください。

  2. マーケターにSDKの実装が完了したことを伝え、OneLinkカスタムリンクとApp Store ConnectにApp Clipのエクスペリエンスを実装するように伝えてください。詳細はこちら

📘

AppsFlyerのアプリクリップ実装を示すApp Clipをご覧ください


このページは役に立ちましたか?