アプリの初期設定

概要:アプリの初期設定では、既存のアプリユーザーを直接アプリに遷移させるためのリンクをマーケティング担当者が作成できます。また、初期設定はディープリンクとディファードディープリンクの前提となるものです。

アプリ起動メソッド

ユーザーベースを十分に網羅するためには、実装する必要のあるアプリ起動メソッドは2つあります。使用する方法は、モバイルプラットフォームのバージョンによって異なります。

この2つの方法と実装方法については、次のセクションで詳しく説明します。

メソッド詳細Androidバージョン手順
Androidアプリリンクモバイルアプリをデフォルトのアクティビティで直接開きます。Android 6以降1. SHA256フィンガープリントを生成。
2. メインアクティビティにintent-filterを追加。
URIスキームURIスキームで指定されたアクティビティパスに基づいて、アプリを直接開きます。Android全バージョン1. マーケティング担当者と一緒にURIスキームを決定。
2. メインアクティビティにintent-filterを追加。3. テスト

Androidアプリリンク向けの手順

AndroidアプリリンクはAndroid 6.0以上で機能します。詳細はこちらを参照してください。

Generating a SHA256 fingerprint

SHA256フィンガープリントを生成する方法:

  1. Locate your app's keystore.
    If the app is in still in development, locate the debug.keystore
    • Windowsユーザーの場合: C:\Users\USERNAME\.android\debug.keystore
    • LinuxまたはMac OSユーザーの場合: ~/.android/debug.keystore
  2. コマンドラインを開いて、keystore ファイルが配置されたフォルダに移動してください。
  3. 次のコマンドを実行してください:
keytool -list -v -keystore [APK-KEY].keystore

🚧

debug.keystoreのパスワードは通常、「android」です。

次のように出力されます。

Alias name: test
Creation date: Sep 27, 2017
Entry type: PrivateKeyEntry
Certificate chain length: 1
Certificate[1]:
Owner: CN=myname
Issuer: CN=myname
Serial number: 365ead6d
Valid from: Wed Sep 27 17:53:32 IDT 2017 until: Sun Sep 21 17:53:32 IDT 2042
Certificate fingerprints:
MD5: DB:71:C3:FC:1A:42:ED:06:AC:45:2B:6D:23:F9:F1:24
SHA1: AE:4F:5F:24:AC:F9:49:07:8D:56:54:F0:33:56:48:F7:FE:3C:E1:60
SHA256: A9:EA:2F:A7:F1:12:AC:02:31:C3:7A:90:7C:CA:4B:CF:C3:21:6E:A7:F0:0D:60:64:4F:4B:5B:2A:D3:E1:86:C9
Signature algorithm name: SHA256withRSA
Version: 3
Extensions:
#1: ObjectId: 2.5.29.14 Criticality=false
SubjectKeyIdentifier [
  KeyIdentifier [
   0000: 34 58 91 8C 02 7F 1A 0F  0D 3B 9F 65 66 D8 E8 65 
   0010: 74 42 2D 44                    
 ]
]
  1. SHA256をマーケティング担当者に送り返してください。

Adding App Link intent-filter to main activity

📘

マーケティング担当者は、自動生成された intent-filter のコードを渡します。

intent-filter コードは、AndroidManifest.XML で使用されます。

メインアクティビティにintent-filter を追加する方法:

  1. Open the app's AndroidManifest.xml file.
  2. main activity にintent-filter を追加してください。
    メインアクティビティに既にAndroidアプリリンク用の intent-filter が存在する場合、それを上書きしてください。

📘

<intent-filter android:autoVerify="true">
    <action android:name="android.intent.action.VIEW" />

    <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
    <category android:name="android.intent.category.BROWSABLE" />
    <data
        android:host="onelink-basic-app.onelink.me"
        android:scheme="https" />
</intent-filter>

📘

When android:autoVerify="true" is present on any one of your intent filters, installing your app on devices with Android 6.0 and higher causes the system to attempt to verify all hosts associated with the URLs in any of your app's intent filters.

For each unique host name found in the above intent filters, Android queries the corresponding websites for the Digital Asset Links file at https://hostname/.well-known/assetlinks.json. Once the OneLink is created, AppsFlyer creates and hosts this path for you. You can test the App Links configuration using the AppsFlyer link validator.

詳しく知る

Githubリンク:XML

  1. マーケティング担当者にアプリリンクの設定が完了したことを伝えてください。
    マーケティング担当者がリンクをテストする際に、ユーザーはアプリのメインページに誘導されるべきです。

URIスキームの手順

URIスキームとは、ユーザーを直接モバイルアプリに誘導するURLです。

アプリユーザーがブラウザのアドレスバーボックスにURIスキームを入力したり、URIスキームに基づくリンクをクリックしたりすると、アプリが起動し、ユーザーはディープリンクされます。

アプリリンクでアプリが開けないときは、そのURIスキームをフォールバックとして使用しアプリを開くことができます。

Deciding on a URI scheme

URIスキームを決定する方法:

  1. マーケティング担当者とiOSディベロッパーに連絡してください。
  2. URIスキームを選択します。例: yourappname://

📘

  • エコシステム内の他のアプリとの重複を避けるために、アプリやブランドにできるだけユニークな URI スキームを使用します。他のアプリとの重複は、URI スキームプロトコルの性質上の本質的な問題です。
  • URI スキームは、httpまたは httpsで始まらないようにしてください。
  • URIスキームは、AndroidとiOSで同様に定義する必要があります。

👍

URIスキームをマーケティング担当者に提供する必要があります。

URIスキームをマーケティング担当者に送信してください。例: afshopapp://mainactivity

Adding URI scheme intent-filter to main activity

メインアクティビティにintent-filter を追加する方法:

  1. Open the app's AndroidManifest.xml file.
  2. Add the following intent-filter to the main activity.
    In the data section, replace host and scheme with the URI scheme you chose. In the intent-filter code below, host="mainactivity" and scheme="afshopapp", matching the URI scheme afshopapp://mainactivity.
    If there already is an intent-filter for the URI scheme in the main activity, overwrite it.
<intent-filter>
    <action android:name="android.intent.action.VIEW" />
    <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
    <category android:name="android.intent.category.BROWSABLE" />

    <data
        android:host="mainactivity"
        android:scheme="afshopapp" />
</intent-filter>

⇲ Github リンク:XML

  1. URIスキームをマーケティング担当者に渡してください。

Testing URI schemes

前提条件

アプリがインストールされているAndroidデバイス。デベロッパーが変更を加えたアプリのソースとバージョンであること(およびアプリリンクとURIスキームが実装されていること)を確認してください。

URIスキームをテストする方法

  1. マーケティング担当者に連絡し、彼らが作成したカスタムリンクを取得してください。
  2. マーケティング担当者から取得したショートまたはロングURLを自分の携帯電話に送信してください。次のいずれかを実行できます:
    • お使いの携帯電話のカメラまたは QR スキャナーアプリで QR コードをスキャンします。
    • リンクを自分宛てにメールまたはWhatsAppで送信し、自分の端末で開きます。
  3. モバイル端末でリンクをクリックします。
    アプリのホーム画面が開くはずです。