SDKのインストール

iOS SDKをダウンロードしてインストールする方法をご紹介します。

始める前に

この手順に従うためには、Xcode が必要です。

SDKのダウンロードとインストール

ご利用のパッケージマネージャーを使用してiOS SDKをダウンロードしインストールしてください。

Install using CocoaPods

推奨

ステップ1:CocoaPodsのダウンロード
CocoaPods の最新バージョンをダウンロードしてインストールしてください。

ステップ2:依存関係の追加
プロジェクトのPodfileに最新バージョンの AppsFlyerFramework を追加してください:

pod 'AppsFlyerFramework'

ステップ3:依存関係のインストール
ターミナルにて、プロジェクトのルートフォルダに移動し、pod install を実行してください。

ステップ4:Xcodeワークスペースを開く
Xcodeにて、この時点からプロジェクトを開く際に、.xcodeproj ファイルの代わりに、.xcworkspace ファイルを使用してください。

tvOSアプリを開発している場合、CocoaPodsは AppsFlyerFramework から自動的に関連する依存関係を追加します。

Install using Carthage

ステップ1:Carthageのインストール
Carthage の最新バージョンをインストールしてください。

ステップ2:依存関係の追加
次の行を Cartfile バイナリに追加してください。

binary "https://raw.githubusercontent.com/AppsFlyerSDK/AppsFlyerFramework/master/Carthage/appsflyer-ios.json"

現在、tvOSアプリはサポートしていません。

📘

注意

上記のリンクは、Staticのライブラリにリンクしています。もし新しいiOSバージョンにアップグレードする場合には、次の手順を実行してください。

  1. copy-frameworksを実行するXcodeから、Run Script のStageを削除してください。
  2. ライブラリが埋め込まれていないことを確認してください。

詳細については Carthageのドキュメントを参照してください。

Install using Swift Package Manager (V6.1.0+)

V6.1.0 以降、iOS SDK は Swift Package Manager (SPM) のInstall経由でインストールできます:
ステップ1:Add Package Dependencyへ移動します。
Xcodeにて、File > Swift Packages > Add Package Dependency へ進みます。

ステップ2: iOS SDKのGitHubリポジトリの追加
AppsFlyer SDK GitHubリポジトリを入力してください:
https://github.com/AppsFlyerSDK/AppsFlyerFramework

ステップ3:SDKバージョンの選択

ステップ4:AppsFlyerLibを目的のTargetに追加する

Manual install

ステップ1:静的フレームワークのダウンロード
iOS SDKを静的フレームワークとしてダウンロードしてください

SDKスタティックフレームワークのダウンロードの整合性を確認するには、こちらをクリックしてください。

ステップ2:ファイルの解凍
先ほどダウンロードした AppsFlyerLib.framework.zip ファイルを解凍してください。

ステップ3:プロジェクトにインポートする
Drag the AppsFlyerLib.framework folder and drop it into your Xcode project. Make sure Copy items if needed is checked.

📘

注意

この方法は、iOS 8以上にのみ対応しています。tvOSアプリの場合、異なる AppsFlyerFramework が必要です。

  1. このリポジトリのクローンを作成してください。
  2. クローンリポジトリのこのフォルダにて、AppsFlyerLib.framework を見つけてください。
  3. ステップ3を繰り返してください。

ネイティブiOSフレームワークの依存関係

このSDKでは、以下のネイティブフレームワークを自動的に追加して使用しています。

  • AdSupport フレームワーク:このフレームワークは、端末からIDFAを収集するために必要です。IDFAは、Facebook Ads、Twitter、Google Ads、およびその他ネットワークを計測する上で不可欠です。
  • iAd フレームワーク:アプリ内でApple Search Adsの成果を計測するために必要です。
  • AdServices フレームワーク (V6.1.3+):アプリ内でApple Search Adsの成果を計測します。

Strict mode SDK

StrictモードSDKを使用して、IDFAの収集機能とAdSupport frameworkの依存関係を除外してください (たとえば、Kids向けアプリを開発する場合などに有効です)。

次のいずれかの方法でStrictモードSDKをインストールできます。
CocoaPodsを使用してインストールする

pod 'AppsFlyerFramework/Strict'

Carthageを使用してインストール

binary "https://raw.githubusercontent.com/AppsFlyerSDK/AppsFlyerFramework/master/Carthage/appsflyer-strict.json" ~> 6.3.2

次のステップ
このページは役に立ちましたか?