プロジェクトへ appsflyer-unity-plugin を追加する

プロジェクトへSDKを追加

プラグインをプロジェクトに追加するには、unitypackage を追加するUnity Package Manager を使用します。

注意: プラグインは、The External Dependency Manager for Unity(EDM4U(以前の Play Services Resolver / Jar Resolver)でビルドされています。

  • The External Dependency Manager for Unityは、デフォルトで appsflyer-unity-plugin と一緒に割り振られています。
  • これにより、プラグインとプロジェクト内の他のプラグイン間の依存関係の競合を解決し、実装プロセスが容易になります。
  • > appsflyer-unity-plugin.v*.unitypackage を追加することで、AppsFlyer SDKとThe External Dependency Manager for Unityの両方で必要なすべてのアセットを自動でインポートできます。

Unitypackageを使用する場合

  1. このリポジトリを複製 / ダウンロードします。
  2. Unityプロジェクトに appsflyer-unity-plugin-*.unitypackage をインポートします。
  3. Assets >> Import Package >> Custom Package へ移動します。
  4. appsflyer-unity-plugin-*.unitypackage ファイルを選択します。

注意:The External Dependency Manager for Unityを含めない場合は、このインストールの手順を参照してください。

Unity Package Managerを使用する場合

  1. パッケージフォルダへ移動し、次を開きます: manifest.json
  2. External dependency manager に Google game package registery を追加します。
  "scopedRegistries": [
    {
      "name": "Game Package Registry by Google",
      "url": "https://unityregistry-pa.googleapis.com",
      "scopes": [
        "com.google"
      ]
    }
  ]

注意:The External Dependency Manager for Unityを含めない場合は、こちらの手順のステップ2と3を参照してください。

  1. Dependencyに appsflyer-unity-plugin を追加します:
    通常モードの場合は以下行を追加します
 "appsflyer-unity-plugin": "https://github.com/AppsFlyerSDK/appsflyer-unity-plugin.git#upm"

  Strictモードの場合は以下行を追加します:

 "appsflyer-unity-plugin": "https://github.com/AppsFlyerSDK/appsflyer-unity-plugin.git#Strict-upm"

unity-jar-resolverを使用しない場合

  1. > appsflyer-unity-plugin.v*.unitypackage をプロジェクトにインポートし、 EDM4U ボックスのチェックを必ず外してください。

  2. 必要なAndroidの依存関係をダウンロードし、Assets / Plugins / Androidフォルダに追加してください:

    1. AppsFlyer Android SDK
    2. AppsFlyer Unity Wrapper
    3. Google Installreferrer library
  3. 必要なiOSの依存関係をダウンロードし、Assets/Plugins/iOS/AppsFlyerフォルダに追加してください:

    1. Static libraryとしてiOS SDKをダウンロードします。
    2. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    3. すべてのファイルを Assets/Plugins/iOS/AppsFlyer フォルダにドラッグ&ドロップします。