OneLinkスマートスクリプト V2—Webからアプリへ誘導するURL生成ツール

概要:自動的に生成されたOneLinkをカスタマイズし、ブランドのWebサイト上のボタンやバナーに埋め込みましょう。

OneLinkスマートスクリプトについて

OneLink Smart Script uses incoming URLs leading to the webpage to automatically generate unique outgoing OneLink URLs leading to the app store.

The outgoing URLs are generated using arguments you receive from the marketer and input into the script. Note: The afParameters argument has a structure made up of several other arguments (parameters), each of which contains a configuration object that has keys, override values, and a default value.

Implementation steps

スマートスクリプトを設定するには、以下の方法があります。

  • ウェブサイトに直接スクリプトを埋め込む
  • Google Tag Managerを利用してスクリプトを埋め込む

Embed the script in your website

スクリプトをWebサイトに埋め込む方法

  1. スクリプトをダウンロードし、実行したいモバイルサイト/ページにインポートします。
  2. 受信パラメーターを送信パラメーターにマッピングするスクリプトを呼び出す引数を、マーケターから取得してください。
  3. スマートスクリプトの引数オブジェクト構成を初期化してください。
  4. Web/ランディングページのHTML内のスクリプトを以下の方法で呼び出し、URLSを生成してください:
var result = window.AF_SMART_SCRIPT.generateOneLinkURL({
  oneLinkURL,
  afParameters,
  referrerSkipList, // optional
  urlSkipList // optional
})

可能な戻り値は次のとおりです:
- 送信OneLink URL。
- null。スクリプトが null を戻す場合、希望するフローを実装してください。例:Web/ランディングページの既存URLが変更しない。

Use Google Tag Manager

Google Tag Managerでスマートスクリプトを設定する方法:

  1. マーケターがOneLinkスマートスクリプトコード、次に、スマートスクリプトの初期化コード(引数オブジェクト構成を含む)を持っていることを確認してください。
  2. 初期化コードで AF_SMART_SCRIPT_RESULT に渡される結果が null ではないことを確認してください。
  3. Use the result value as needed. For example, to place it as a link under a CTA on your website.

Create a QR code with the Smart Script result

Prerequisite: Smart Script V2.1+

QRコードを作成する方法

  1. Create a div tag with a specific ID in your site's HTML page to host the QR code.
    You can style the div tag however you want.
  2. スマートスクリプトを実行して OneLink URL を生成したら、次の関数を呼び出して div ID を渡してください。
window.AF_SMART_SCRIPT.displayQrCode("my_qr_code_div_id");
  1. Best practice: Once you have the result, show the QR code when users are on desktop and show the button with the link when users are on mobile.

引数

Argument 備考
oneLinkURL (必須)
  • OneLinkテンプレートのドメインと、テンプレートのIDを提供してください。注意:OneLinkカスタムリンクのURLではありません。
  • yourbrand.onelink.me/A1b2
  • ブランドドメインの例:click.yourbrand.com/A1b2

afParameters

(必須)

 

 

 


mediaSource

(必須)

メディアソースのオブジェクト構成

  • Keys: ['incoming_mediasource’' 'utm_source']
  • オーバーライド値:{twitter: 'twitter_int', orig_src: 'new_src'}
  • デフォルト値: ['any_source']

campaign

キャンペーンのオブジェクト構成

  • Keys: ['incoming_campaign', 'utm_campaign']
  • オーバーライド値: {campaign_name: 'new_campaign_name'}
  • デフォルト値: ['any_campaign_name']

channel

チャネルのオブジェクト構成

  • Keys: ['incoming_channel', 'utm_channel']
  • オーバーライド値: {video: 'new_video'}
  • デフォルト値: ['any_video']

ad

広告のオブジェクト構成

  • Keys: ['incoming_ad', 'utm_ad']
  • オーバーライド値: {ad_name: 'new_ad_name'}
  • デフォルト値: ['any_ad_name']
adSet

広告セットのオブジェクト構成

  • Keys: ['incoming_adset', 'utm_adset']
  • オーバーライド値: {'adset_name': 'new_adset_name'}
  • デフォルト値: ['any_adset_name']
deepLinkValue

deep_link_value のオブジェクト構成

  • Keys: ['product_id', 'page_name']
  • オーバーライド値: {twenty_percent_off: 'thirty_percent_off'}
  • デフォルト値: 'ten_percent_off'
afSub1-5

af_sub[1-5] のオブジェクト構成

 
googleClickIdKey

GCLID を持つパラメーターの名前を明記します。
AppsFlyerのローデータに表示するためには、パラメーターは、af_sub[1-5] のいずれかを使用する必要があります。

 
他の(カスタム)クエリパラメーター
  • アトリビューションやディープリンクのために、送信URLに含めたいその他のパラメータを、その構成オブジェクトとともにリストアップします。
  • カスタムパラメータの名前は、開発者が設定オブジェクトの paramKey としてリストアップします。
  • paramKey: 'deep_link_sub1'
  • Keys: ['page_id']
  • オーバーライド値: {page12: 'new_page12'}
  • Default value: 'page1'
 
referrerSkipList
特定のクリック(TwitterやFacebookなど)のHTTPリファラーに含まれる文字列のリストで、これが見つかった場合、スマートスクリプトは null を返します。この機能は、TwitterやFacebookのような、既にクリックの計測が行われているSRN媒体の場合などに有効です。  
urlSkipList 特定のクリックに対するURLに含まれる文字列(例:af_r)のうち、見つかった場合にスマートスクリプトが以下を返す文字列: null。これは、af_r を含むAppsFlyer計測リンクを使用してユーザーをモバイルサイトにリダイレクトし、元のクリックのデータが失われないようにしたい場合に便利です。  

オブジェクトの構成

OneLinkスマートスクリプトは、受信URLのパラメータとスクリプトに定義された引数を用いて、送信URLを生成します。afParameters 引数は、アトリビューションやディープリンクに使用される他のいくつかの引数(パラメータ)で構成される構造を持っており、それぞれの引数には、次の表に示すように、キー、オーバーライド(上書き)値、デフォルト値を持つオブジェクト構成が含まれています。

Argument 詳細
keys
  • 文字列の一覧
  • スクリプトが検索する受信URLに含まれる可能性のあるパラメータのリストで、その値が送信URLの値として配置されます。
  • スクリプトは左から右に向かって検索し、最初にマッチしたところで停止します。
  • 例: ['in_channel', 'utm_channel']
  • スクリプトのchannelパラメータでは、受信URLのin_channelを検索して、その値をchannelの値として使用します。

overrideValues

  • Dictionary {string: string}
  • 送信URLで変更したい値は、受信URLでの値と、置き換えたい値を列挙してください。
  • スクリプトは、受信URLに含まれるパラメータ値を、あなたが定義した値に置き換えます。 

例: {'video': 'video_new'}

スクリプトのchannel パラメータは、受信値が video の場合、スクリプトが送信URLにおいて video_new に変更します。

defaultValue
  • 文字列
  • "フォールバック" の値を何にするかを記載します。
  • キーリストからパラメータが見つからない場合は、送信URLにdefaultValueの値が使用されます。
  • 空のキーリストを渡すことで、強制的にデフォルト値を設定することができます。

例: ['web_video']

スクリプトのchannelパラメータについては、パラメータ in_channel が見つからない場合、web_videoがchannelの値として使用されます。

Basic attribution

See example of the basic conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL, with a single key for media_source and campaign

Multiple keys

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL, with multiple keys for media_source and campaign.

UTM parameters

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL, with UTM parameters for media_source and campaign.

Override values

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL, replacing the incoming media_source value.

Default values

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL, using the default value when an incoming media_source value isn't found.

Forced default values

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL, using the default value even when an incoming media_source value is found.

Google click ID passthrough to af_sub

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL that passes the Google click ID to af_sub4. Note: When a GCLID is found, the script looks for the incoming parameter keyword, and puts the keyword value in the outgoing URL as the value of af_keywords.

Facebook click ID passthrough to af_sub

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL that passes the Facebook click ID to af_sub2.

Set attribution and OneLink parameters

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL with AppsFlyer attribution and OneLink parameters.

Set additional custom parameters

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL with additional custom parameters (including the af_prt parameter for agencies).

Referrer skip list

See example of how you can disable the Smart Script for a particular click (for example, from Twitter or Facebook) by creating a skip list. If any of the strings in the skip list appear in the HTTP referrer of the click, the Smart Script returns null.

URL skip list

See example of how you can disable the Smart Script for a particular string in the URL (for example, af_r) by creating a skip list. If any of the strings in the skip list appear in the URL of the click, the Smart Script returns null.

Smart Script set up with Google Tag Manager

See example of the conversion of an incoming URL to an outgoing OneLink URL using OneLink Smart Script set up using Google Tag Manager.

QR code

See example of how the Smart Script generates a QR code.


このページは役に立ちましたか?