プッシュ通知の計測

概要

このガイドでは、受信プッシュ通知を処理し、抽出されたアトリビューションデータをAppsFlyerに送信するためのiOS SDKの実装内容について説明します。

実装には次の2つの方法があります:

  • プッシュペイロードでOneLinkを利用する(推奨方法)
  • プッシュペイロードでプレーンなJSONを使用する(旧来の方法)

マーケティング担当者がプッシュ通知をどのように設定するかに基づいて、適切な方法を選択してください。

Prerequisites

続行する前に、次を確認してください:

  1. AppsFlyer SDKが実装されたAndroid アプリ
  2. 推奨される OneLink ベースのソリューションを実装する場合は、OneLink (アプリのマーケティング担当者によって提供される) を含むプッシュ通知ペイロード内のキーの名前が必要です。

OneLinkを使用したAppsFlyerとAndroid プッシュ通知の連携

推奨
これは、Android SDKでプッシュ通知の計測を実装するために推奨される方法です。

AppsFlyerにAndroidプッシュ通知計測を実装するには:
In your Application, call addPushNotificationDeepLinkPath before calling start:

AppsFlyerLib.getInstance().addPushNotificationDeepLinkPath("af_push_link");

In this example, the SDK is configured to look for the af_push_link key in the first level of the push notification payload.
When calling addPushNotificationDeepLinkPath the SDK verifies that:

  • 必要なキーがペイロード内に存在しているか
  • そのキーに有効なOneLink URLが含まれているか

📘

注意

addPushNotificationDeepLinkPath accepts an array of strings too, to allow you to extract the relevant key from nested JSON structures. For more information, see addPushNotificationDeepLinkPath.

JSONを使用したAppsFlyerとAndroid プッシュ通知の連携(旧来の方法)

これは、Android SDKでプッシュ通知の測定を実装するための 従来の方法です。

旧来の方法を使用してAppsFlyerにAndroidプッシュ通知計測を実装するには:
In your deep-linked activity's onCreate, call sendPushNotificationData:

public class MainActivity extends AppCompatActivity {
    // ...
    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        // ...
        if (getIntent().getExtras() != null) {            
            AppsFlyerLib.getInstance().sendPushNotificationData(this);
        }
        // ...
    }
}

The SDK expects to get the af key in the Intent's extras Bundle. If an af key is found, the SDK sends the value to AppsFlyer.


このページは役に立ちましたか?